日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2008.09)
イオンとセブン&アイ ディスカウント店展開で激突



イオン 超安売り店の展開へ
 イオンは、欧州で急成長している「ディープ・ディスカウンター」や「ハード・ディスカウンター」と呼ばれるディスカウント業態を参考に、自主企画商品(プライベート・ブランド:PB)を武器に、これまで日本には無かったタイプの超安売り店の出店を検討している。
 イオンが参考にしているのは、独のアルディ社やリドル社で、500平方メートル程度の店舗で1店舗当たりの従業員は数名に抑え、商品数も加工食品を中心に1,000品程度に絞り込み格安販売する業態である。イオンではこれまで、メーカー品より価格を2~3割低く設定したPB「トップバリュ」の品ぞろえを拡充してきており、2008年年2月期単体決算で、売上高に占めるPB比率が約9%となっている。構想されている新ディスカウント店が、欧州の企業を参考にしたものであるなら、PBのトップバリュを中心とした商品構成になると想定される。具体的な出店時期や出店地域、店舗の規模、運営方法については、今後詰めていく方針である。

セブン&アイ 「ザ・プライス」を復活
 イオンと時期をほぼ同じくして、セブン&アイ・ホールディングスもディスカウント業態店の展開を表明している。こちらは、これまでに4店舗がオープンし、いずれも閉店している「ザ・プライス」という名称の店を復活させる。
 ザ・プライスは、PB中心と推測されるイオンとは異なり、PBは扱わず、生鮮食品やNB(ナショナル・ブランド)の加工食品を主体にし、イトーヨーカ堂よりも2~3割安く売ることが検討されている。かつてのザ・プライスでは、当初は食料品を扱い、後に取りやめた経緯があるが、今回は生鮮食品を含む食料品で約8割の商品構成とし、加えて日用品、衣料品、小物家電などを扱う。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。




会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.