保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2008.07)
PSP 08年上半期1位獲得



任天堂を凌ぎ、初の第1位
 携帯型ゲーム機市場では、これまで任天堂のニンテンドーDSライトが販売台数で首位を走っていた。しかし、2008年上半期にソニー・コンピュタエンタテイメント(以下、SCE)の携帯型ゲーム機、プレイステーションポータブル(以下、PSP)が約196万台を販売し、ニンテンドーDSライトの約159万台を抑えて半期ベースで初めての第1位を獲得した。また、据え置き型の任天堂Wiiの2008年上半期販売台数約172万台も凌ぎ、全てのゲーム機の中で第1位となっている。
 PSPの販売台数は前年同期比で約2倍近い。これには、株式会社カプコンの「モンスターハンターポータブル 2nd G」というPSP用アクションゲームが230万本を売り上げる大ヒットとなったことが貢献している。巨大な武器を使いモンスターを倒して、設定されている目標をクリアしていくという内容で、一人で遊べるだけでなく、PSP装備の無線通信機能を利用して同時に四人までが一緒にプレイ出来る点が特徴である。同ソフトが販売された2008年3月以降に、PSP本体が急速に販売台数を伸ばしていることから、優良なソフトを囲い込めるかでハードの販売が左右されることが改めて確認された形になっている。ニンテンドーDSがこれまで市場をリードし、国内販売で2,000万台を超える原動力になったのも「脳トレ」ソフトのヒットがあったからである。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





参照コンテンツ

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.