日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2008.07)
NTTドコモが個人向けBlackBerry発売へ
北米スマートフォン市場No.1はiPhoneに勝てるか



スマートフォン世界シェアナンバーワン「ブラックベリー」
 NTTドコモは2008年7月7日、カナダResearch In Motion(リーチ・イン・モーション:RIM)の多機能携帯電話(スマートフォン)「BlackBerry(ブラックベリー)」を8月1日から個人向けに発売すると発表した。ブラックベリーは世界で1,600万人が利用している人気商品で、その世界シェアでは米アップル社「iPhone(アイフォーン)」を大きく上回っている。ドコモでは06年9月から主に外資系企業をターゲットとして、これまで約2万台を販売している。
 現行サービスでは端末の他に企業システムとドコモのサービス網に接続するためのサーバ「BlackBerry Enterprise Server」や専用線サービスなどの導入が必要であるため、法人営業部門を通じ、端末とサーバシステムのセットで販売されていた。一般層でもビジネス向けにスマートフォンを使いたいという先進層からは導入当初より、個人向け販売の要望があったため、ドコモの意志決定が注目されていた。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.