日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2008.06)
利益率低下により再値上げに踏み切ったキユーピー



業績見通し悪化と再値上げ
 キユーピーは5月22日、2008年11月期の中間業績予想を下方修正した。連結決算で、営業利益を1月時点の予想より7億円減少(72億円→65億円)、経常利益も同じく7億円減少(70億円→63億円)、純利益は3.5億円減少(33億円→29.5億円)とそれぞれ10%程度の下方修正となった。一方で、売上高は、9億円増加(2,326億円→2,335億円)となる見通しであるため、利益率が低下することになる。
 同社ではその理由を、「原資材価格の高騰」「物流事業の収益低迷」としている。食用油が直近1年間で1.4倍に高騰、配送サービス事業も原油高に伴うガソリン価格も高騰するなど「二重の油高」が収益を圧迫していることがうかがえる。
 こうした情勢からキユーピーは翌23日、マヨネーズなどの主力商品を8月1日出荷分から値上げすると発表した。値上げ率はマヨネーズが家庭用で約6~12%(業務用約7~14%)、マヨネーズタイプが約6%(同約5%)、ドレッシングが約7~10%(同約7~14%)。この値上げによって、家庭用500グラムの店頭想定価格は350円から386円になるとしている。同社は既に07年6月に17年ぶりとなるマヨネーズ値上げを実施しており、店頭想定価格は319円から350円へ、約10%の値上げであった。今回分を含めると家庭用500グラムの価格はこの1年2ヶ月の間で67円、率にして約2割も上昇する計算になる。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。



参考コンテンツ

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.