日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2007.10)
決戦のマーケティングシリーズ 2007
「トヨタ自動車」×「米ゼネラル・モーターズ」
新興市場で「GM帝国の逆襲」
本稿は、「週刊エコノミスト2007年10月9日号」掲載記事のオリジナル原稿です。
社会経済研究チーム 松田久一、菅野守、吉野太喜



図表1.2強の比較
 1931年以来、自動車の世界生産で首位に君臨してきた米ゼネラル・モーターズ(GM)を、2007年にトヨタ自動車が抜き去る見込みだ。既に07年上半期(1~6月)で、トヨタの生産台数は471.6万台と、GMの467万台を上回った。
 世界の自動車生産台数は、アジア、中東、ロシア、中南米などの新興市場の成長を原動力に01~05年は年平均で約4%伸長し、6,000万台を超えた。さらに、2010年には7,500万台を突破する見通しだ。
 GMは、1908年に米ミシガン州で創立され、フォード、クライスラーと並び米ビッグ3と呼ばれる。所得階層と消費者の嗜好の違いで市場をセグメント分けし、多様な車種の投入によるフルライン戦略の展開、割賦販売、中古車の下取り、年次でのモデルチェンジといった現在では当たり前となっている施策を業界に導入した。米国ではガソリンが安価だったため、排気量が3,000ccを超える大型車のブームが戦後長く続いた。GMもこの波に乗って、50年代には年商10億ドルを最初に超え、米国内最大の企業となった。



※本稿は代表の松田監修のもと、社会経済研究チームで議論した結果を執筆したものです。


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。



「トヨタ」「GM」に関連する企業活動分析

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.