保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2007.07)
決戦のマーケティングシリーズ 2007
「ユニクロ」×「ZARA」 
先端ファッション、2週で商品化
本稿は、「週刊エコノミスト2007年7月10日号」掲載記事のオリジナル原稿です。
代表執筆 村田多恵子
社会経済研究チーム 松田久一、菅野守、吉野太喜



 2006年度の日本の衣料品の家計消費は、前年度比約3%減の約7兆9,000億円で市場はこの10年、縮小し続けている。アパレル業界はトレンドの変化に即応した商品を低価格で提供することが求められる厳しい環境下にある。
 こうした状況で強みを発揮してきたのが、商品企画から製造・販売までを垂直統合するSPA(製造小売業)と呼ばれるビジネスモデルだ。米GAPや伊ベネトンがこうしたビジネスモデルの基盤を築き、1980~90年代に急成長を果たしたことから世界に広がった。


※本稿は代表の松田監修のもと、社会経済研究チームで議論した結果を村田多恵子が代表執筆したものです。


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。



会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.