日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2007.06)
決戦のマーケティングシリーズ 2007
「スズキ」×「ダイハツ」 
コスト競争を生き残るのは企業連携か内製化か
本稿は、「週刊エコノミスト2007年6月19日号」掲載記事のオリジナル原稿です。
代表執筆 大場美子
社会経済研究チーム 松田久一、菅野守、吉野太喜



 2006年度の軽自動車国内販売台数は203万台と過去最高を記録し、全乗用車の3分の1を占めるまでになった。業界をリードしているのはスズキとダイハツ工業で、2社のシェアの合計は60%を超えるが、06年度は34年ぶりにスズキが首位を陥落、わずか0.5%の差ながらダイハツにトップを譲った。
 ダイハツのシェアは30.3%で05年度と変わらず、スズキが3位以下のメーカーに2.3ポイントシェアを奪われる形で首位が入れ替わった。市場全体が好調ななか、日産自動車がスズキからOEM(相手先ブランドによる受託生産)供給を受けて01年に軽自動車市場に参入するなど他社も注力し始めたためだ。


※本稿は代表の松田監修のもと、社会経済研究チームで議論した結果を大場美子が代表執筆したものです。


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。



「スズキ」の企業活動分析

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.