保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2007.05)
決戦のマーケティングシリーズ 2007
「花王」 × 「P&G」 
取引条件透明化で値下げ圧力克服
本稿は、「週刊エコノミスト2007年5月22日号」掲載記事のオリジナル原稿です。
舩木 龍三



 洗剤、シャンプー、おむつなど日用品・トイレタリー製品の国内市場規模は2006年度で約1兆5,000億円、前年比0.6%増と大きな成長が期待できない成熟市場である(国際商業調べ)。また、市場を構成する48カテゴリーのうち36で、上位3社がシェア6割以上を占める寡占状況にある。例えば、市場規模が最も大きい衣料用ヘビー洗剤(1,762億円)をみると、シェア1位は「アタック」の花王、2位は「アリエール」の米P&G、3位は「トップ」のライオンで、この上位3社で市場シェアの91%を占める。この成熟寡占市場において、花王は14の商品カテゴリーで1位と圧倒的な強さを誇る。一方、P&Gは3位内のカテゴリーは03年度の8から現在12と近年シェアを拡大している。躍進する世界企業のP&Gと迎え撃つ国内王者の花王。両雄の戦略を比較する。


※本稿は代表の松田監修のもと、社会経済研究チームで議論した結果を村田多恵子が代表執筆したものです。


 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。



「花王」「P&G」に関連する企業活動分析

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.