保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2006.03)
カゴメ本格参戦 再び活気づく乳酸菌飲料の攻防



「40年間で最大の商品・ラブレ」で、カゴメ攻勢
 カゴメは、2006年2月14日から、関東、中部、近畿、北陸のコンビニエンスストアで「植物性乳酸菌 ラブレ」の先行販売を開始した。京都の漬物「すぐき漬」から発見された植物性由来の乳酸菌を試用したもので、同社の動物性乳酸菌(L.カゼイ菌)と比較し、腸内で生き抜く力が非常に強いという特長がある。約1,000億円といわれる乳酸菌飲料市場に、カゴメは初年度100億円の販売目標を設定、2006年2月14日から9月までで、35億円の広告費を投入(テレビCFは13,000GRPを投入)するという攻勢をかけてきた。
 カゴメは、雪印ラビオを買収し、2003年2月からカゴメラビオを発足した。2003年12月に営業機能をカゴメに統合し、同社を生産専門会社としている。量産技術確立に3年をかけ、カゴメラビオに約30億円の設備投資を行い生産体制を整えた。今後はラブレ菌を活用した食品やデザート類へのエクステンションも計画するなど、植物性乳酸菌を軸にした周到なシナリオを組んでいる。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.