日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2005.07)
「かむかむレモン」(リバティジャパン)
-口コミとネットによって、PBが全国で知られるブランドに変身
大澤 博一



 コンビニエンスストア(以後、CVS)のガム売場の上段に、マス宣伝を一切行っていないにも関わらずヒットしている商品がある。菓子卸最大手のサンエスの子会社リバティジャパンが販売している「かむかむレモン」というチューイングキャンディーである。
 中心チャネルであるCVSでの売れ行きは、週販10~15個、通常週販5~7個あれば合格と言われているこの売場で約2倍という驚異的な実績を1年以上にわたり維持している。
 以下では「かむかむレモン」の波及プロセスを確認し、ヒットのポイントを検討してみる。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.