日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2005.04)
「第三のビール」は救世主となるか
-2005年4月、アサヒとキリンの「第三のビール」参入
戦略分析チーム



 ビール・発泡酒市場に新しい波が起こっている。キリンビールは、原料に麦や麦芽を使用しないビール風アルコール飲料「のどごし<生>」を2005年4月6日に発売する。さらに2週間後の4月20日に、アサヒビールも「アサヒ新生」を発売する。このふたつの商品はビールにも発泡酒にも該当しない「第三のビール」と呼ばれるカテゴリーに分類される。なぜこうした新たなカテゴリーが生まれ、各社が相次ぎ参入するのか。「第三のビール市場」を巡る攻防とその背景について考察する。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.