日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2005.01)
ミスミの高収益ビジネスモデル
戦略分析チーム



 ユニークな経営で、対前年2桁成長を続ける金型卸のミスミが、2001年度、対前年8%減の大幅な減収を記録した (図1)。しかしながら、2002年6月に社長の交代に続き事業システムの修正を矢継ぎ早に実施したことで業績は急速に回復、2003年度には再び過去最高の業績を記録、2004年度上期も引き続き対前年124%の成長を記録している。
 以下に、ミスミの強さがどこにあり、何が問題を引き起こし、どう修正が行われたのか整理する。

図1.業績および顧客数の推移

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.