日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2005.11)
ジュピターテレコム
J-COM グランドスラムの野望は実現できるか



矢継ぎ早の新サービス発表
 国内最大手のケーブルテレビ統括運営会社であるジュピターテレコム(以下、J-COM)が矢継ぎ早に新サービスを発表した。
 ひとつが27日に発表されたPHS大手のウィルコムと提携して、来春に携帯電話事業に乗り出すこと。もうひとつは31日に発表された今年12月からのハードディスク内臓受信機の投入である。
 上記の報道は、消費者の生活スタイルや視聴スタイルを大きく変える可能性のあるものである。ここでは、J-COMの狙いやそのインパクトについて検討してみる。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.