保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2005.09)
KDDI パワードコム買収の意味は?
-密かに進む固定・モバイルの通信コンバージェンス



KDDI パワードコム買収はいまだ進展せず
 7月29日、KDDIが東京電力(以下、東電)子会社のパワードコムを2006年1月をめどに吸収合併することで東電と大筋合意した、と日経新聞が報じた。直後にKDDI、東電双方とも「具体的には何も決定していない」という見解を出していた。
 9月21日、KDDIの小野寺正社長は定例記者会見に登場した。東電との提携交渉が明るみ出てからは初の公式会見だが、「報道後に公式見解を出した通り。東電と話をしているのは事実。しかし今は,それ以上のことを申し上げる段階にない」とのコメントで現在でも話し合いが続けられていることが確認できた。
 現時点では決定事項ではないが、これが実現すれば、光ファイバー通信事業はNTT、ソフトバンク、KDDIの三強時代に突入する。このニュースについて改めてそのインパクトを考えてみたい。

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧にはメンバーシップサービス会員(有料)へのご登録が必要です。

メンバーシップサービス会員ご登録についてはこちらをご覧ください。
メンバーシップサービス会員の方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.