日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2004.01)
通信三国志
戦略分析チーム



 時は平成の頃、いままさに国内完全独占者であったNTT通信帝国が崩壊しようとしていた。NTT帝国は、世界に誇る通信システムの技術力と通信インフラを持ち、民営化後も独占体制を維持していた。しかし、外蝦である海外通信事業企業が国内市場を虎視眈々と狙い、NTT帝国に刃向かう反乱軍であるIIJ(インターネットイニシアティブ)グループ、パソコン関連から身を起こした孫のソフトバンク、そして、第二電電と呼ばれたKDDIグループが覇を競っていた。また、南方からは電力グループが押し寄せようとしていた。まさに、乱世の時代が到来し、通信三国志の扉が開かれようとしていた。

構成
1.通信業界平成14年7月勢力図、ガリバーNTTと新興2勢力
2.NTTの変遷
3.IIJの反乱
4.ソフトバンク、ADSLでNTTを追撃

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.