保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2004.11)
液晶戦争に衝撃与える「シャープ65型液晶テレビ」
-業界トップの大画面・ハイエンド機種により「ものづくり優位」をアピール
戦略分析チーム



1.発表の衝撃
 2004年10月5日、千葉市の幕張メッセで開幕した「CEATEC JAPAN2004」で、シャープが世界最大となる65型液晶テレビを発表した。622万ドットのフルスペックハイビジョンパネルを採用し、三重県亀山市にある第6世代*1 の亀山工場で一貫生産されたものである。この発表は、これまで同社で最大サイズであった45型を一気に20インチ拡大し、大型化が困難とされた液晶テレビ分野に新風を吹き込んだ点で、業界に大きな衝撃を与えた。今回の発表から、シャープの液晶テレビ戦略における今後の課題と方向性を検討する。

2.シャープの抱える事情
 シャープはこれまで、最大45型までの液晶テレビで市場競争を繰り広げてきた。ここにきて65型を発表した背景は、大きく分けて2点ある。
 第一点は、大型テレビ市場の拡大である。従来の薄型テレビ市場では、40型前後を境界線として、大型はプラズマテレビ、中小型は液晶テレビという棲み分けがなされる傾向があった。しかし、近年は大型テレビの需要が高まっており、高価格帯の商品であっても需要が十分にあるという見方が出てきている。実際、プラズマテレビは販売台数の2割以上が50インチ以上であり、シャープの45型液晶テレビも、100万円弱の市場価格にもかかわらず、2004年8月の新発売から約2ヶ月間で1万台を販売している。これらの事情から、シャープは大型テレビの市場が今後も有力であると判断し、中小型の液晶テレビで確実に占有率を高めると同時に、大型テレビ分野でもプラズマテレビに対抗する方針を採用した。その結果、液晶テレビのサイズが拡大し、現在市販されている松下電器産業の世界最大65型プラズマテレビと肩を並べるレベルに至ったのである。

*1 「第〇世代」とは、液晶パネルを切り出す際の基となるガラス基板の大きさを指す。例えば、第5世代は縦1100mm・横1250mm、第6世代は縦1500mm・横1800mm、第7世代は縦1870mm・横2200mmのガラス基板となる。一般には、世代が大きいほど一枚の基板から取り出すパネルの数が増え、効率が高まるとされる。
 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.