保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2004.05)
ソニー QUALIA
-高性能デジタルAVの高価格戦略の成否
戦略分析チーム



 ソニーは2003年6月から主力のデジタルAV機器を中心に高性能商品群「QUALIA」を投入した。2001年5月にエレクトロニクス分野でスタートした「QUALIA」プロジェクトがベースになっており、各ネットワークカンパニーから、様々なカテゴリーの製品を企画・提案。それらをトップマネジメントから構成される「QUALIA認定委員会」が評価し、選定された企画には、順に「QUALIAナンバー」が与えられる。製品は受注生産で行い、量産品では実現できない手触りなどの質感にこだわるもので、機能やスペックを追い求めるだけではなく、「感動価値」を有した製品開発が行われている。順次製品が投入され、現在、ホームシアター用の高画質プロジェクター(240万円)、スーパーオーディオCDシステム(フルセット166万円)、高画質トリニトロン式ブラウン管テレビ(フルセット130万円)など六つが投入され、いずれも極めて高い価格が設定されている。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.