保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2003.08)
ソニー株式会社
情報・サービスによる収益多重化めざすソニー
戦略分析チーム



 ソニーが迷走している。2003年4月24日に発表された2002年度(2003年3月期、以降「年度」で表記)の連結決算では、純利益こそ前期比7.5倍となったものの、当初見込んでいた業績の下方修正を余儀なくされた。さらに2003年度についてもパソコンの販売減速やリストラ費用が利益を圧迫するなどにより減収減益、純利益は半減するとの見通しを発表した。この発表を受け、翌日からソニーの株価は2日連続ストップ安(500円安)となり、ソニーはこの2日間で株式時価総額の約3割弱にあたる9,000億円強を失った。ソニーの株価下落によって、ハイテク株を中心に失望売りが相次ぎ、日経平均株価がバブル崩壊後の安値を割り込んだ。これが市場で「ソニーショック」と呼ばれた現象である。その後、株価は回復基調にあるが、ソニーに対する市場の信頼は回復したとは言い難い。
 今、ソニーが抱える課題は何か。情報家電産業をリードするもう一方の雄、松下電器産業との比較を交えながら考察していく。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.