日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2003.03)
CVSの東京都心の攻防戦
-ampmの牙城を揺るがすセブンとローソン
戦略分析チーム 大澤



 2002年12月1日、東京の新スポット・カレッタ汐留がオープンした。そこの地下1階にセブン-イレブン、地下2階にローソンが出店している。今、オフィス街を中心としたCVSの残りわずかな出店空白地域を巡る競争が激化している。各社とも都心型CVSフォーマットの開発・工夫に試行錯誤している。

1.CVSの出店戦略の大転換
 8月21日にセブン-イレブンは東京駅丸の内北口に丸の内センタービル店をオープンさせた。2月にも東京大手町の三井物産本社ビル内に店舗をオープンさせた。これまで都心部、特にオフィス街への出店に慎重だったセブン-イレブンが、その方針を大きく転換させている。
「百貨店やスーパーが新設されればそこに新しい人や車の流れをつくることができるが、コンビニではそれは無理。人や車がたくさん集まるところに出すしかないのです」(セブン-イレブン秋山広報室総括マネージャー Forbes 2002年11月号)
と語るようにCVSは7割が立地で決まると言われている。CVS1店が利益を出すには1店あたりの人口で2,500人が最低必要である。現在、CVS市場は過剰出店であると言われている。
 こうした現状に対しセブン-イレブンは、3年前に今後の出店戦略策定に取りかかった。現実に何店の出店余地があるかを洗い出した。その結果、オフィス街などの都心部やホテルや病院などの特殊立地にまだ出店余地が残されていることが明らかになった。
 CVS各社は都心部や特殊立地に積極的に出店を行っている。都心から外への出店から内へと出店戦略を大転換させている。同時に、セブン-イレブンではリクルート基準を見直し、これまでの日販予測システムよりも予測精度を高めた新日販予測システムを野村総研と共同開発した。
図表1.CVS主要4社の売上高推移
 こうした特殊立地の出店競争は現在、激しさを増している。セブン-イレブンは丸の内出店の他に早稲田大学内に大学一号店を今年オープンさせた。ローソンも三菱商事のお膝元である丸の内に積極的に出店を行っている。東京の新名所になった丸ビルにも出店している。現在、丸の内1丁目から3丁目までにCVSは全部で13店ある。ampmにローソン、セブン-イレブン、JRのNEWDAYS、サークルKが出店している(図表1)。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.