日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

(2002.03)
ウォルマートの日本進出戦略を読む
ウォルマートは日本で成功するか?
戦略分析チーム 舩木



 世界最大の小売業、ウォルマートが西友との包括的提携というかたちで日本進出を果たす。
 これを契機に、本格的な再編が進むとする見方とカルフールのように苦戦するという見方がある。
 ウォルマートの日本進出戦略と成功条件について検討する。

1.ウォルマートの海外進出パターン化
図1 ウォルマートの海外参入パターン
 ウォルマートが海外進出を開始したのは1991年のメキシコ出店である。この10年間で11カ国に店舗網を拡大し、現在では約1,175店、海外売上比率は約16%(約354億ドル)を占めている。その進出パターンは、つぎの2つに大別される(図表1)。
 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.