保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2002.11)
東京都心部ホテルウォーズ
-超高級外資系ホテルの進出ラッシュ
戦略分析チーム 川口



 現在、東京都心部では、外資系を中心とするラグジュアリー(高級)ホテルの進出計画が発表され、これを迎え撃つ国内有力ホテルとの間で利用客の激しい争奪戦が必至となっている。都市の大規模再開発に伴って、大きな変貌を遂げる東京の縮図とも言えるこの「東京ホテル戦争」について考察する。

1.カナダの名門「フォーシーズンズホテル」が丸の内に進出
 2002年10月15日、東京駅の八重洲南口に隣接する高層複合ビル「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」の3階から7階の5フロアに「フォーシーズンズホテル丸の内東京」がオープンした。パシフィックセンチュリープレイス丸の内は、1997年3月に国鉄精算事業団が実施した入札で、香港の金融・不動産会社が869億円で落札したものである。当時、海外資本の日本進出ということで大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。
 フォーシーズンズホテル丸の内東京は、9室のスイートルームを含む57室の客室とモダンフレンチのレストラン、スタンディングバー、スパ&フィットネス施設からなるスモール・ラグジュアリーホテルである。絵画や陶磁器などの調度品は世界各地から選りすぐった逸品ばかり。またすべての客室にCD、DVDのプレーヤーと42インチのプラズマテレビを設置するなど高度なエンターテイメントを提供するAV機器を充実させるだけでなく、高速インターネットアクセス、ファックス、コピー、プリンター、2回線電話2台以上を用意するなどレジャー、ビジネスの両面で利用客の満足を満たす設備とサービスが完備されている。
 カナダのトロントに本拠を置くフォーシーズンズホテルのイサドア・シャープ会長兼最高経営責任者は、2002年7月の会見で、日本で今後10年間に、新規に4~5軒のホテルを開業する方針を明らかにしている。その大きな理由は2つある。まずひとつは日本での不動産取得コストが低下していること。次に、外国人客の増加があげられる。
 日本のフォーシーズンズホテルとしては、目白の「フォーシーズンズホテル椿山荘」に次いで2軒目となる。しかし日本の中心部である東京駅から徒歩2分、新幹線の車窓からもよく目立つ高さ150メートルに及ぶ総ガラス張りの近代的な外観を誇るビルに進出したこの「フォーシーズンズホテル丸の内東京」は、今後の日本への本格進出のシンボルタワーとなる。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.