保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2002.01)
中国家電vs.日本家電
-日本企業は中国企業に勝てるのか
戦略分析チーム



 2001年11月、中国はWTO加盟で国際市場に正式な名乗りを上げた。13億人という巨大市場、「世界の工場」とよばれる圧倒的な生産規模とその成長性を前に、「中国脅威論」が叫ばれている。本稿では、中国で最も成長が著しい家電業界を例にとり、その実態を整理するとともに日本企業の勝ち残りの方向性を探る

1.躍進する中国家電、低迷する日本家電

(1)中国家電の躍進

 中国家電メーカーが急成長している。中国家庭電器協会の発表では中国家電上位23企業による総売上高は99年から2000年で50%増となっているという(「中国情報局」のホームページより)。  トップ企業の海爾(ハイアール)は2000年の売上高406億元(約6100億円)。84年の設立時からの売上の伸び率は年平均80%増になるという。米業界紙の2000年世界家電メーカーランキング(出荷台数)では日立製作所を抜き9位にランキングされた。また美的(メイタ)は売上高88億元(約1300億円)、売上高対前年152%、経常利益168%と急激な伸びを示している(図1)。

図1.中国主要家電メーカーのプロフィール


 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.