保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
(2001.02)
株式会社良品計画
-「マンションも売ります!」~無印良品のライフスタイル提案戦略~
戦略分析チーム



図表1 良品計画の業績推移
 日本経済低迷が続くなか、生活雑貨ショップ「無印良品」を展開する良品計画が積極的な事業拡大を進めている。イギリスのブルーウォーター店(ロンドン郊外のショッピングセンター)が、欧州のディベロッパー協会であるマピックから表彰されたのをテコに、ルーブル美術館への出店を決めるなど海外展開を加速し、2000年11月にはマンション事業にも乗り出した。
 マンション事業進出の背景には、「団塊ジュニアと心中する」(有賀前社長)という、良品計画の徹底したターゲティング戦略がある。「無印良品」のコンセプトは、ライフスタイル提案。現在24~29歳の団塊ジュニア焦点を当て、「わけあって安い」商品・サービスを通じライフスタイルを提案している。その団塊ジュニアが家庭を持ち、不動産購入を意識し始める年齢に達したため、マンション事業参入に踏み切ったのである。
 このような積極展開のなか業績は好調で、2000年2月期の売り上げは約1,067億円。ユニクロの2,289億円には及ばないものの、95年2月期の489億円から5年間で約2倍の急成長を遂げている(図表1)。
 しかしながら、既存店の売り上げは低迷し、2000年度に入ると対前年を大きく割り込むようになった。この責任を取り、2001年1月、有賀肇社長(55)は相談役に退き、松井忠三専務(51)が社長に就任した。良品計画は現在、松井進社長の下で事業の建て直しを進めている。
 このように成功と失敗の狭間でゆれる、良品計画の現在の戦略と今後の展開を展望する。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。





会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.