日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

ブロードバンド・ウォーズ
-高速インフラを巡る攻防 (2001年)
戦略分析チーム 川口

 今年に入ってブロードバンドが現実のものとして身近に捉えられるようになってきた。ADSLやCATVがサービスを拡充するなど常時・高速接続を可能にするインフラが整備されつつある。特に加入者の増加が著しいのがADSLだ。
 ADSLが本格的な普及段階に入る一方、光ファイバーを家庭まで延ばすFTTHサービスが一部エリアでスタートした。「究極のサービス」として期待を集めるFTTHは、最大速度10~100Mbpsの超高速インターネットを実現し、将来的にはインターネット接続のスタンダードになると予測されている。
 光ファイバーとADSLの両インフラとプレイヤー間の熾烈な攻防からブロードバンドを巡る実像を明らかにする。

(2001.07)
 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


 
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.