保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ヤマト運輸株式会社
ヤマトはネット企業に脱皮できるのか-ネット経済下で模索するヤマト (2000年)
戦略分析チーム 大澤

 宅配市場は成長を続けているものの、その伸び率は95年度以降鈍化傾向にあった。しかし、99年度には110.6%と2ケタ成長を記録した。これは、ネット経済の進展によるものである。また、大きなシェア変動も起きている。98年11月に宅配市場に参入した佐川急便(以下佐川)が、99年の上期において、日通を抜いて2位に踊り出た。
 成長を続ける宅配市場はネット経済によって新たな局面に突入した。これまでの宅配市場は、法人から法人(B2B)と個人から個人(C2C)の2タイプが中心であった。今、法人から個人(B2C)というタイプが急成長している。
 激変する宅配便市場のなかで、トップ企業であるヤマト運輸が目指すところを分析する。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.