保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
株式会社西友 
起死回生なるか!? 日本型オンライン・スーパーの先行モデルを目指す西友(2000年)
戦略分析チーム
 現在日本では、インターネットの普及が進みそのリーダー層も変化している。それに伴いEC市場が拡大し、買い物のスタイルが「買い物」から「届け物」へと変化しようとしている(詳しくは「ネット時代の買い物革命-その担い手と波及」。
 日本でもスーパーが、ようやくオンライン化してきた。ここ言う「オンライン・スーパー」とは、GMSやSMがインターネットを通じて受注し商品を個別に届ける形の小売のネット化を指している。
 本論では、先行する米国の事例を交えながら、初めて大手組織小売業でオンライン・スーパーに取り組んだ西友の仕組みを明確にし、今後の課題を探る。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.