保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
ピーポッド (PEAPOD. Inc)
先駆者の挫折-オンラインスーパーピーポッドの今 (2000年)
戦略分析チーム 大澤
1.ビル・マロニーCEOの辞任
 2000年3月27日、ピーポッドのビル・マロニーCEOの辞任が発表された。これにより、2月に合意した投資家グループからの1億2,000万ドル(126億円 1ドル105円換算、以下同様)の出資計画が暗礁に乗り上げた。オンラインスーパーのパイオニアとして、時代の寵児として脚光を集めているピーポッドではあるが、慢性的な資金難を抱えて、事業再構築の検討を迫られている。

(1) ピーポッドの概要

図表1 ピーポッドの会社概要


 イリノイ州に本社を置くピーポッドはネット上で顧客が注文した商品を自宅まで配送するサービスを行うオンラインスーパーを展開している。(図表1)。アメリカ8つの主要都市で事業を展開し、約10万4,000人の会員数を獲得している。98年の売上高は6,930万ドル(75.6億円)である。また、利益面では創立以後一度も黒字になっていない。現在、順調に拡大させていた売上も、その伸び率は鈍化している。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.