日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

ピーポッド、ウェブバン
-第3世代へ進展した米国オンライン・スーパー (2000年)
戦略分析チーム

 米国、欧州でオンライン・スーパーが活況を呈している。米国では2003年にスーパー業界全体の10~20%がオンライン化し、200万世帯が利用する、2007年の市場規模は最大850億ドル(約9.7兆円)に達する等の予測がされ、業界競争が激化している。一方、欧州でも2000年のオンラインショッピング市場規模は7億5,300ポンド(約1,450億円)に上っている。特に、ドイツ、英国がこれを牽引している。拡大するオンライン・スーパーの現状と、日本における可能性をさぐる。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.