日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

マイクロソフト・コーポレーション
(Microsoft Corporation)
-変わるネット経済の覇者-マイクロソフトの戦略の行方 (2000年)
戦略分析チーム 川口

 マイクロソフトが転換期を迎えている。同社は1990年の「ウィンドウズ3.0」のヒットに始まり、「同3.1」(1992年)、「同95」(1995年)、「同98」(1998年)、最近では「ウィンドウズ2000」を発売と2~3年周期で相次ぎ最先端のオペレーションソフト(OS:基本ソフト)を発売した。ウィンドウズは現在、世界で9割を超えるシェアを誇るOSとなった。アプリケーションソフトでは「オフィス(エクセル・ワードなど)」、インターネット関連では「インターネット・エクスプローラー(IE)」、「マイクロソフト・ネットワーク(MSN)」を展開する世界最大のソフトウエア会社である。
 しかし、IT革命のスピードの速さと競争環境の変化は、1990年代のIT産業をリードした大帝国の座を脅かしている。21世紀を目前にして、同社の勝ち残りをかけた模索が続いている。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.