保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
株式会社フジテレビジョン
ブロードバンド革命-追いつめられたフジテレビ (2000年)
戦略分析チーム 大澤

図表1 フジテレビの会社概要
 株式会社フジテレビジョン(以下フジ)の日枝社長は2000年の年頭の挨拶で(図表1)、
「今年はCS放送にBSデジタル放送を加えた三波を複合的に運用する「メディア・コンプレックス」に変身する記念の年。コンテンツ制作や投資、提携など総合的な経営戦略をスピーディーに実行していきたい」(日経産業新聞 2000年1月5日)
とBS、地上放送のデジタル化、それによる放送と通信の融合(以下「融合」)において抱負を語った(図表2)。インターネットによる通信が普及するなかで、フジはどのようなビジネスモデルを描いているのか、この競争に勝ち残るために何が課題となるのか考えてみたい。

図表2 テレビのデジタル化


 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.