日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

オートバイテル・ドット・コム
-苦悩するネット自動車販売業の寵児に明日はあるのか(2000年)
戦略分析チーム

 アメリカのインターネットビジネスベンチャーの中でも、成長力と顧客満足度の高さで大きな注目を集めているのが、インターネット自動車販売仲介サービス事業のオートバイテル・ドット・コム社(以下オートバイテル)だ。1995年にピート・エリス氏によって設立され、1999年にはNASDAQへ株式公開を果たしている。
 しかし、設立以来、赤字が続いている。株価も1999年3月の公開直後には58ドルまで上昇したが、その後ほぼ一本調子で下落。現在は12ドルと低迷している。
 一体、オートバイテルに何が起こっているのか。その光と影を検証する。

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービス(有料)へのご登録が必要です。

会員サービスご登録についてはこちらをご覧ください。
会員サービスご登録済みの方は、下記をクリックして全文をご利用ください。


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.