保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

戦略200+・企業活動分析
三井不動産株式会社(2015年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2015年3月期決算の総括
2015年3月期の連結決算は、賃貸事業の商業施設事業が好調に推移したことや個人向け住宅分譲の利益率が上昇したこと等により、売上高1兆5,290億円(前年同期比0.9%増)の増収(3期連続過去最高)、営業利益1,861億円(同7.8%増)の増益となった。賃貸セグメントでは、オフィス、商業施設の新規・通期稼働や商業施設の増床、リニューアル効果による増収要因があったものの、「飯田橋グラン・ブルーム」等の新規稼働に伴う償却費の増加や再開発による稼働終了等により減益となり、売上高4,648億円(同3.3%増)、営業利益は1,079億円(同1.2%減)となった。分譲セグメントでは、投資向けの分譲で物件売却が進捗したことや利益率の改善により売上高4,254億円(3.9%増)、営業利益は455億円(67.9%増)を達成した。マネジメント事業では、プロパティマネジメントは堅調な動きであったが、リハウス事業の取扱件数が減少した事で、全体では売上高3,178億円(同2.3%増)、営業利益493億円(同1.3%減)となった。また三井ホームは、受注数が多かったものの、利益率の低下により増収減益。その他事業は、期初にユニリビングの株式を売却したことにより減収となったが、ホテル事業の順調な推移により減収増益となった。2016年3月期は売上高1 兆6,100 億円、営業利益1,950 億円と過去最高を見込む。

【最新版 349kb・2015.12.24 更新】
三井不動産
企業活動分析
更新状況
14年 15年
戦略200+・企業活動分析「三井不動産」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.