保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

戦略200+・企業活動分析
日本KFCホールディングス株式会社(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年3月期決算の総括
2014年3月期の連結決算は、売上高834億円(前期比97.2%)、営業利益182億円(同76.1%)と減収減益であった。2012-14年度の新中期経営計画「ABR2014-Achieving Breakthrough Results 2nd Stage-」(以下、「ABR2014」)に基づき、「KFC事業の新たな挑戦」「ピザハット事業の構造改革」「新規事業のビジネスモデル確立」を重点施策と位置づけ、ブランド価値の一層の向上を目指すとともにその実現に向け、「ITの戦略的活用と新しいマーケティング手法の確立」「人材育成と組織能力の強化」「事業基盤の強化」を掲げるとともに、「食の安全・安心」に注力、新商品の投入やマスメディアやソーシャルメディアなどクロスメディアの活用による広告宣伝活動を展開した。しかしながら、人口減少や少子高齢化などの人口動態を背景とした胃袋市場の縮小、その市場を巡る多種多様な競争により、主力のKFC事業、ピザハット事業ともに減収減益となった。特にピザハット事業は2期連続で営業損失を計上した。ABR2014の最終年度となる2014年度は、持ち株会社体制に移行するなど、次の成長に向けた経営の再構築を急ぐ。

【最新版 154kb・2014.07.30 新規】
日本KFCホールディングス
企業活動分析
更新状況
14年
戦略200+・企業活動分析「日本KFCホールディングス」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.