保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

戦略200+・企業活動分析
株式会社ヤオコー(2015年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2015年3月期決算の総括
2015年3月期の連結決算は、売上高3,073億円(前年同期比12.1%増)、営業利益135億円(同12.3%増)と増収増益となった。「チェーンとして明らかに差をつける」をメインテーマとした第7次中期経営計画の最終年度として、 「ミールソリューションの充実」と「価格コンシャスの強化」を図ることにより、商圏内シェアの拡大に取組み、計画の数値目標を達成、連結で23期連続増益、単体では26期連続の増収増益を達成した。商品面では、生鮮食品の鮮度強化や同社プライベートブランドである「Yes!Yaoko」の充実に取り組む一方、今まで以上に価格対応を強化した。店舗開発については、9店舗の新規出店を行うと共に、10店舗の大規模な売場改装を実施し、同社最新のコンセプトに基づく品揃えやサービスを導入した。また生産性の向上による人件費率の減少のほか電力使用量の抑制にも取り組んだ。第8次中期経営計画では今後の収益の向上には客数のアップが課題として、シェアの向上を目指していく。そのため、新たなテーマとして「スーパーではなく、"ヤオコー"と呼ばれる存在へ」を打ち出し、四つの戦略を重点とした。目玉商品、おいしさで選ばれる商品づくりを目指す「商品・販売戦略」、人材育成、働きがいのある会社No.1を目指す「育成戦略」に注力するほか、2015年2月にスタートしたネットスーパーや小型店舗など新たな業態への拡張を含む「出店・成長戦略」や「運営戦略」にも取り組んでいく。

【最新版 355kb・2016.04.07 更新】
ヤオコー
企業活動分析
更新状況
14年 15年
戦略200+・企業活動分析「ヤオコー」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.