日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
株式会社しまむら(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年2月期決算の総括
しまむらの2017年2月期連結決算は、売上高5,655億円(前年同期比3.6%増)、営業利益488億円(同22.3%増)と増収増益となった。2016年の日本はGW前半の気温の低下、相次ぐ台風の襲来、厳しい残暑、長期的な暖冬など異常気象が続き、ファッション業界においては厳しい状況であった。しかしそのような状況下で、しまむらは「本質を理解して、変革は大胆に」を統一テーマに、徹底的なローコスト経営や国内事業の深耕によって業績を向上させた。主力のしまむら事業と、若者向けの商品を扱うアベイルは省エネ対応型の改装を施し、売上高が増加した。同社の基本戦略は、しまむらで築いた品揃えの拡大とドミナント出店攻勢、高効率オペレーションというビジネスモデルある。この仕組みの上で出店攻勢をかければ成長と同時に利益もついてくる。このモデルを現在は他事業に移管しようとしており、今後は主力のしまむら事業、若者向けのアベイル事業、ベビー・子供用品を扱うバースデイ事業など、複数の事業を組み合わせた事業を展開してシナジーを創出し、成長の柱となることが期待される。

【最新版 2018.01.25 更新】
しまむら
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
- -
戦略200+・企業活動分析「しまむら」
戦略200+・企業活動分析




競合他社の業績と比較分析する

マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.