日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
株式会社ジェイアイエヌ(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年8月期決算の総括
2014年8月期の連結決算は売上高361億円(前期比1.1%増)、営業利益29億円(同52.2%減)と大幅な減益となった。「JINS PC」の爆発的ヒットが落ち着き、製品への需要が一巡したことや、急激な出店増による商品力及び店舗オペレーション力の低下による、1店舗当たりの売上高低迷に伴う販売管理費等コスト割合の上昇が主要な原因である。現在のジェイアイエヌは引き続き「JINS PC」、「Air frame」等の機能性アイウエアが主力製品となっている。戦略としても機能性アイウエアの創造を掲げ、2015年には同社初のウェアラブルデバイス「JINS MEME」の発売を予定している。「JINS PC」のヒットによる業績拡大からも分かるように、同社の今後を左右するのはやはり新製品開発であると考えられる。しかしながら、ヒット商品の新開発による業績拡大は不安定要素が大きく、極めてハイリスクハイリターンである。今後同社は新製品開発を継続し、業界内でイノベーションを起こすことを狙いつつも、国内ロイヤルカスタマーの獲得や、販売する顧客を世界ベースで今以上に開拓していくことが求められる。

【最新版 261kb・2015.07.17 新規】
ジェイアイエヌ
企業活動分析
更新状況
14年
戦略200+・企業活動分析「ジェイアイエヌ」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。

ジェイアイエヌに関するお奨めコンテンツ

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.