保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
戦略200+・企業活動分析
株式会社イトーヨーカ堂(2005年)
2005年2月期決算の総括
イトーヨーカ堂の2004年度連結決算は、営業収入前年比2.3%増、経常利益同3.7%増の増収増益となったが、単独では、売上高が前年比-1.4%、営業利益は同-63.5%、特に衣料部門が前年比92%と特に厳しい状況である。2005年9月には、持株会社セブン&アイ・ホールディングスを設立。グループ戦略の最優先課題は、長期不振に陥っているスーパーストア事業の再建にある。様々な商品改革・販売改革の施策に加え、店舗網の再構築に乗り出すと同時に、広域商圏に対応したモール型SCの自社開発を開始。商圏特性を捉えた店舗網再構築の行方が注目される。

【最新版 77kb・2006.02.10 更新】
イトーヨーカ堂
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年
戦略200+・企業活動分析「イトーヨーカ堂」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する


会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.