保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

戦略200+・企業活動分析
富士重工業株式会社(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年3月期決算の総括
2014年3月期、富士重工業の連結決算は、売上高2兆4,081億円(前年比25.9%増)、営業利益3,265億円(同171.1%増)、経常利益3,144億円(同212.5%増)。当期純利益2,066億円(同72.8%増)となった。今期は国内において、消費税増税の駆け込み需要に伴う販売増に加え、新車効果として「インプレッサ(アイサイト搭載車)」「フォレスター」「XV」などの車種の販売が好調であった。また海外では商品、マーケティング及び販売店の質の向上により、主力市場である米国の販売が大きく伸びた。その結果総売り上げ台数は82万5000台と、過去最高を更新した。今後は新たな中期経営計画「際立とう 2020」に基づき、供給不足やアフターサービスへの対応など、業績の拡大によって顕在化した新たな課題に対処する。具体的には全世界で5万台の生産能力増強、新型車「レヴォーグ」や新型「レガシィ」「アウトバック」の導入、サービス体制の強化を含めた顧客対応の充実を進める。その結果次期の全世界販売台数は過去最高を更新する91万6,000台を見込む。また販売台数の増加に伴い、売上高2兆7,200億円(前年比13.0%増)、営業利益3,400億円(同4.1%増)、経常利益3,400億円(同4.9%増)、当期純利益2,150億円(同4.1%増)と、いずれの利益段階においても過去最高を見通す。

【最新版 482kb・2014.08.22 更新】
富士重工業
企業活動分析
更新状況
01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年 10年
-
10年 11年 12年 13年 14年
- - - -
戦略200+・企業活動分析「富士重工業」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.