日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
グーグル株式会社(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2013年12月期決算の総括
2013年12月期連結決算は、売上高598億ドル(約6兆円。前年比19.2%増)、営業利益140億ドル(約1兆4000億円。同9.5%増)と増収増益であった。地域別売上は、アメリカが45%を占め、イギリス9%、その他46%となっており、いずれも2ケタの増加となっているが、アメリカ、イギリス以外での売上伸び率が高い。事業別j構成比はグーグル売上(広告収入がほとんど)が93%、モトローラ売上が7%となっており、いずれも売り上げは伸びている。営業利益ではモトローラ買収後、2年続けて赤字が続く結果となった(2014年に入り、モトローラは売却される) 。検索エンジンを基軸としたプラットフォームサービス戦略から次の事業展開として期待された携帯端末だが、撤退に終わった。本業は今後も持続成長が十分期待でき、しかし、自動運転車など今後も事業領域の拡充に乗り出すのは間違いないであろう。

【最新版 229kb・2014.07.28 新規】
グーグル
企業活動分析
更新状況
14年
戦略200+・企業活動分析「グーグル」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.