日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
株式会社ディー・エヌ・エー(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから

2014年3月期決算の総括
ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)の2014年3月期連結決算は、売上高1,818億円(前期比89.6%)、営業利益532億円(同69.2%)と減収減益であった。8割以上の売上を占めるソーシャルメディア事業における国内ゲーム事業のコイン消費の減少がその要因だがその背景には携帯電話からスマートフォンへの急速なシフトがある。ひとつの事業領域に固執せずに、時代を切り拓く新しい事業を生み出し続け、創業当初のeコマースに加え、プラットフォーム事業、ソーシャルゲーム事業へと事業領域を拡大することで、2012年度まで8期連続増収増益を達成してきた。しかし事業環境が大きな変化をみせる中で、こうした既存の事業を再び時代に合せて再強化するとともに、新たな事業を確立することが急がれる。

【最新版 273kb・2014.07.28 新規】
ディー・エヌ・エー
企業活動分析
更新状況
14年
戦略200+・企業活動分析「ディー・エヌ・エー」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.