日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
フィリップス(Koninklijke Philips N.V., Royal Philips)(2016年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2015年12月期決算の総括
2015年12月期の連結決算は売上高2,424億4万ユーロ(前期比13.3%増)、営業利益9億92万ユーロ(同104.1%増)と増収増益であった。フィリップスは厳しいマクロ経済環境に直面しながらも一貫した業績の改善が図られたことで、2015年は堅調な一年となった。中でもヘルスケアとコンシューマーライフスタイルのビジネスを組み合わせたフィリップスのヘルステックのポートフォリオは、年間で全体で4%以上の売上成長を達成した。分野別には、ヘルスケア分野では顧客中心性とサービスレベルの向上、革新のための市場投入の迅速化、品質とコンプライアンス体制の強化、コスト生産性の向上を図った。またコンシューマーライフスタイル分野は、オンライン売上が伸長し企業成長を図るための戦略としてEコマースの可能性を示した。2016年度は、控えめな売上高成長を予想しているが、業績の改善を行っていく。マクロ経済の逆風とコストと販売の段階的な導入を考慮すると、EBITAの改善が期待される。

【最新版 2017.05.25 更新】
フィリップス
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年
-
戦略200+・企業活動分析「フィリップス」
戦略200+・企業活動分析

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.