日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
オムロン株式会社(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年3月期決算の総括
2014年3月期は連結売上高7,730億円(前期比18.8%増)、営業利益681億円(同50.1%増)、当期純利益620億円(同50.4%増)で、2期連続の増収増益となった。日米欧での景況感の回復や、主力製品である制御機器・電子部品需要の回復が背景にある。中期経営計画「GLOBE Stage」の最終年度となる今期、方針を「Complete the GLOBE Stage!、[成長力]×[収益力]×[変化対応力]を備えた『強い企業』への変革を成し遂げる」と定め、「IA事業の最強化」、「新興国での成長」、「最適化新規事業の拡大」、「収益構造改革の完遂」、「グローバル人財の強化」などを重点的に実行した。また、中長期の売上高・利益拡大に向けた施策を実行し、前期と比べ新興国での売上高の増加など、着実に成果をあげた。来期より始まる三年間の中期経営計画「EARTH-1 STAGE」では、目標を「"自走的"な成長構造の確立」と定め、大アジア(中国+アジア)での飛躍的な成長、イノベーションによる新規事業加速、外部活用による成長加速という三つの重点課題に注力する。数値目標としては、売上高8,000億円(14年3月期比3.5%増)、営業利益740億円(同8.7%増)、当期純利益710億円(同14.5%増)を掲げる。

【最新版 342kb・2015.03.06 更新】
オムロン
企業活動分析
更新状況
14年
戦略200+・企業活動分析「オムロン」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.