日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略200+・企業活動分析
京セラ株式会社(2006年)
2006年3月期決算の総括
2006年3月期の連結決算は、増収増益こそ達成しているが、収益の成長性はやや頭打ちになってきている。05年4月にカリスマ経営者であった稲森和夫氏が退任し、創業経営後の、新たな経営体制と成長を追求する局面を迎えている。企業哲学である「京セラフィロソフィ」と独自の経営管理システムである「アメーバ経営管理システム」を基盤とし、変化の激しいマーケットで、率先して新たな価値を創造することとして「価値ある事業の多角化」を推進している。2010年に売上高2兆円、利益率20%という前人未踏の経営を目指す。

【最新版 112kb・2006.09.12 新規】
京セラ
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年
戦略200+・企業活動分析「京セラ」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.