保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む
戦略200+・企業活動分析
株式会社キーエンス(2006年)
2006年3月期決算の総括
2006年3月期の連結決算は増収増益となった。製造業の設備投資の好調さに後押しを受け、業況は全部門にわたりに好調な推移を示している。アジアを中心にした海外展開の積極化が奏功し、海外での業況も好調である。2007年3月期も、FAセンサーや計測制御機器が好調で過去最高の業績の更新が確実視されている。更なる成長への課題としては、海外展開のより一層の強化・人材採用・育成基盤の確立・強化とともに、ポスト滝崎時代を見据えた会社の未来像の確立の第一歩として、佐々木社長の更なるリーダーシップの確立・強化が挙げられる。

【最新版 90kb・2006.09.18 新規】
キーエンス
企業活動分析
更新状況
00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年
戦略200+・企業活動分析「キーエンス」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.