日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


戦略200+・企業活動分析
わらべや日洋ホールディングス株式会社(2016年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2016年2月期決算の総括
2016年2月期連結決算は、売上高2,091億円(前年比3.7%増)、営業利益31億円(同25.4%減)、経常利益33億円(同25.9%減)と、増収減益となった。主要顧客であるセブン-イレブン・ジャパンの積極出店に伴う納品店舗数の増加や、「おにぎり」「チルド弁当」の売上が伸長したことにより、6期連続の増収を果たした。一方、2015年5月から稼働した岩手工場の初期赤字が想定を上回ったこと、人手不足による人件費の上昇等により、利益面では減益となった。事業運営面では、新たに事業本部制に移行し、地域ごとの商品開発・生産効率向上を図る。2016年9月には持株会社体制へ移行し、わらべや日洋ホールディングスに商号変更、事業部門および製造子会社3社を統合し、地域ごとに分かれている製造体制を一本化、品質・衛生管理力、商品開発力や生産技術力の向上を追求し、収益力の向上を目指す。加えて、インドネシアと米国においても海外事業を強化する予定である。

【最新版 312kb・2017.01.26 更新】
わらべや日洋HD
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年
-
戦略200+・企業活動分析「わらべや日洋ホールディングス」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。

競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.