日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
株式会社 永谷園ホールディングス(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年3月期決算の総括
永谷園ホールディングスの2017年3月期の業績は、売上高806億円(前年度比1.8%増)、営業利益31億円(同9.9%増)と増収増益となった。今年度は、天候不順による生鮮品の価格高騰により消費水準指数が前年平均を下回る状況が続くなど、厳しい市場環境であった。このような経営環境の下、「企業戦略の充実」と「新価値提案力の更なるアップ」という重要課題に取り組んだ。「企業戦略の充実」としては、12月に英国のフリーズドライ食品及びパン製品メーカーChaucer Groupの親会社であるBroomco Limitedの全株式を取得することで、新規事業の開拓の足掛かりを作った。また、「新価値提案力の更なるアップ」については、健康を意識した付加価値商品や顧客ニーズに対応する新商品の発売に注力した。セグメント別にみると、国内食料品事業としては、主力のお茶づけ・ふりかけ類では売上高が減少したものの、減塩タイプの「あさげ」シリーズや健康感を活かした「たまねぎのちから サラサラたまねぎスープ」の伸長等により、全体としての売上高は増収となった。また、海外における食料品事業の重要性が増したことをふまえ、「海外食料品事業」というセグメントを新設した。中食その他事業では、ビアードパパの「パイシュー6個セット」がモンドセレクションの最高金賞を受賞したほか、新ブランド「ビアードパパ グランデ」をオープンし、全体としてはわずかな減収となった。次年度も、更なる業績向上に向け、引き続き同様の経営課題に取り組んでいく予定だ。

【最新版 2018.03.15 更新】
永谷園HD
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
- -
戦略200+・企業活動分析「永谷園HD」
戦略200+・企業活動分析





企業活動分析に関する基調論文


競合他社の業績と比較分析する


おすすめ新着記事

ビール系飲料(2018年6月版)<br>定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール
ビール系飲料(2018年6月版)
定着しつつあるクラフトビール人気、ファン層未確立のストロングビール

ビール類の出荷量減少が続いている。2017年は1992年以降で過去最低を更新するなど、厳しい市場環境の中でも各社、個性的な商品を投入してしのぎを削っている。今回の調査では、全項目で「アサヒ スーパードライ」が首位を獲得するなど圧倒的なブランド力を見せつけた。再購入意向では「よなよなエール」も上位に食い込んでいる。

「食と生活」のマンスリー・ニュースレター<br>試し飲みされるストロングビール<br>味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵
「食と生活」のマンスリー・ニュースレター
試し飲みされるストロングビール
味訴求でロイヤリティ獲得が今後の鍵

2017年のサントリー「頂(いただき)」発売以後、各社が相次いで新製品を投入しているストロング系ビール。今回はストロング系ビールについて、どういった人たちが、どういった理由で、どのようなシーンで飲用しているのか調査した。

MNEXT 眼のつけどころ<br>高収益な市場プラットフォーム事業をどう創出するか?
MNEXT 眼のつけどころ
高収益な市場プラットフォーム事業をどう創出するか?

日本企業の間では、新しいビジネスモデルへの期待が高まっている。グローバル市場では、日本のトップ企業も「メダカ」にすぎない。日本企業はこのまま巨大な魚に飲み込まれるしかないのか。そうならないための市場プラットフォーム型ビジネスモデルを提案する。






データでわかる辛口性格診断
マーケティングモニターのご案内
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.