日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net



戦略200+・企業活動分析
マルハニチロ株式会社(2017年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
本コンテンツの全文は、PDFでのご提供となっております。
ご利用には有料の会員登録が必要です。
ご登録済みの方は、こちらから最新版をご覧になれます。
会員のご登録はこちらをご覧ください。

2017年3月期決算の総括
マルハニチロの2017年3月期の連結決算は、売上高8,733億円(前年同期比1.3%減)、営業利益は263億円(同55.0%増)、経常利益は279億円(同62.8%増)であった。また当期純利益については、154億円(前期比277.0%増)となった。グループ全体の売上高の5割を占める商事事業では、国内外にわたる調達・販売ネットワークを持つ水産商事ユニット、畜産商事ユニットや業務用食品(商事)が収益確保の役割を果たしたが、荷受の販売減をカバーできず、売上高は前期比0.3%減の減収となった。営業利益は、水産商事が円高による調達コスト減少の恩恵を受けて前期比75.1%増の増益となった。また、全体の売上高の2割を占める加工事業では、家庭用冷凍食品の麺・米飯類の販売増など、業務用食品(加工)のコンビニエンスストア・介護食の販売増などにより、売上高は前期比1.6%増、営業利益も大幅に伸長した。2016年度は中期四ヵ年経営計画「Challenge toward 2017」の後半2年に突入し、「成長への挑戦」をテーマとして「成長路線の遂行」に取り組み、営業利益、経常利益ともに前期に引き続き大きく伸長、中計目標値を前倒しで達成した。次年度は、中期経営計画の最終年度として、引き続き「成長への挑戦」に取り組むことで、売上高の目標も達成することを企図している。

【最新版 2018.03.01 更新】
マルハニチロ
企業活動分析
更新状況
14年 15年 16年 17年
- -
戦略200+・企業活動分析「マルハニチロ」
戦略200+・企業活動分析




競合他社の業績と比較分析する

マーケティングモニターのご案内
データでわかる辛口性格診断
マーケティング入門講座
会員登録のご案内
消費社会白書2018
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2018 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.