日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

戦略200+・企業活動分析
加ト吉株式会社(2008年)
2008年3月期決算の総括
2008年3月期の連結決算は、売上高が2,154億円(前年比38.2%減)、経常利益は55億円(同49.7%減)となった*1。原材料価格の高騰、食の安心・安全に対するコスト増大、中国産商品に対する根強い不信感など厳しい事業環境が影響した。冷凍食品部門ではコロッケと海外品の不振、冷凍水産品部門では中国産商品の不振および取扱の縮小など、食品事業の売上高は大幅に減少、前第3四半期比38%減の1,456億円となった。サービス事業も売上高、営業利益ともに減少。なお、同社は2008年3月より日本たばこ産業株式会社(JT)の子会社となった。目標達成の鍵は、2007年の不正取引事件以降の経営改革の成否、JTとの事業統合による収益性向上、品質管理体制強化による消費者の信頼回復にある。
*1:2008年3月期決算の業績はすべて、同年2月時点での見通し


【最新版 274kb・2009.07.21 更新】
バックナンバー 00年 01年 02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年
- - - - - - -
戦略200+・企業活動分析「加ト吉」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、会員サービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には有料の会員サービスご登録が必要です。

全文はPDFでのご提供になります。「最新版を読む(有料会員)」をクリックすると、PDFファイルのダウンロードが開始されます。


競合他社の業績と比較分析する

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.