日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

茶飲料市場にみる情報の需要創造効果の研究
1,400兆円を超える金融資産を保有する日本。その日本人の資産選択行動に変化の兆しがみえている。リスクをも受容する新しい選択行動に邦銀はどう対応すべきなのか。
2003年5月発刊
A4 23p+データ編
  1. 構成
  2. イメージプレビュー


1.構成
■ 要約
1.茶飲料市場の現在
【1】 茶飲料の浸透状況
【2】 茶飲料が飲まれる理由
(1) 生活習慣病と健康意識
(2) 茶飲料のイメージ
【3】 主要ブランドとの接触
(1) 主要ブランドの認知浸透状況
(2) 主要ブランドの購入理由

2.茶飲料の選択構造
【1】 ブランドの分類
(1) 8つのブランド群
(2) 各ブランド群の浸透状況
【2】 選択の基準
【3】 選択の多様化

3.情報による差別化の可能性
【1】 情報サーチ行動
(1) メディア接触
(2) ブランドロイヤリティとの関係
【2】 情報的プロモーションによる差別化戦略 ~「難消化性デキストリン茶」の事例より
(1) ブランドの競争状況
(2) 情報的プロモーションの効果

  
■調査設計

■データ編


2.イメージプレビュー

会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.