日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net


消費社会白書2016
シングル社会への価値転換と張り合い消費



本コンテンツのダウンロードは、プレミアム会員サービスでのご提供となっております。
プレミアム会員の方は、各章の説明後にあるダウンロードのリンクをご利用ください。
会員サービスについてはこちらをご覧ください。

ただいま無料会員へのご登録で「第1章 地域密着の大勢的価値観とライフコースの新しい現実」のPDFダウンロードがご利用いただけます



第1章 地域密着の大勢的価値観とライフコースの新しい現実

社会の大勢を占めていた、家族や地域社会との関係を重んじる「地域密着」の価値観は退潮し、「現在享楽」や「自己上昇」が強まりつつある。背景には、年齢とライフコースの対応関係が希薄化し、「標準的な家族構成」が失われつつあることがある。加えて新たな世代の台頭は、価値観などの中長期的な変化の先がけとなるだろう。(無料公開中)
無料会員・プレミアム会員の方は、こちらからダウンロードをご利用ください。


第2章 低空飛行で進む消費格差

消費回復の足取りは鈍く、消費増税のマイナスインパクトから脱し切れていない。支出意欲の回復も頭打ちである。消費増税のマイナスインパクトを乗り越え、消費を伸ばすには、長期的な将来見通しが重要だ。生涯における暮らし向き見通しの良し悪しが消費の行方を左右し、生涯暮らし向き見通し良好層には、消費の牽引役が期待される。(公開中)
プレミアム会員の方は、こちらからダウンロードをご利用ください。


第3章 台頭する張り合い消費

主流となっている「張合消費」を始めとして、消費に前向きな意識が強まっている。他人との張り合い意識に支えられた「張合消費」は、階層化が進むとともに、上位階層主導で一層強まることになる。また今後、将来に対し楽観的な展望が抱かれるようになれば、消費に対し前向きな姿勢が広がっていくと期待される。(公開中)
プレミアム会員の方は、こちらからダウンロードをご利用ください。


第4章 選択的耐久財サービスにみる商品の普及メカニズム

選択的耐久財において普及率が低い段階では、限られた特定の層にこだわって購入される率が高い。その商品が特定層を超えて購入意向を拡大していくかどうかは、階層ごとの普及率予想によって影響を受けていることがわかった。所属階層意識を鮮明にしたマーケティングアプローチの可能性を示唆する。(公開中)
プレミアム会員の方は、こちらからダウンロードをご利用ください。


第5章 転換するクルマの価値と支払意思額(WTP)

人々の車に対する価値を捉えなおし、現在の車に対する意識と将来的な期待を明らかにした。将来のクルマへの支払意志額(WTP)の分析から、今後のクルマに対する需要喚起の可能性を探る。(公開中)
プレミアム会員の方は、こちらからダウンロードをご利用ください。


第6章 格差化が促す都市志向

地方における持ち家戸建ての居住形態は実態として根強く残っているものの、住み替えの意向を持つ人は多い。生活者は住まいに対してどのような意識を持っており、将来どのような住まい方の選択をするのか検証する。(公開中)
プレミアム会員の方は、こちらからダウンロードをご利用ください。


第7章 「イエ食」と「ひとりメシ」の食生活

一家だんらんでの夕食、生鮮食材を買ってきて手作りする「内食」、「一汁三菜」型の食事。そんなかつてはあたりまえだった家庭の食事風景は、どう変わったのか。世帯類型や消費者を取り巻く情報環境の変化を踏まえ、現代の食生活を捉えなおす。(2017年6月公開)

第8章 買物環境の格差と変わる流通システム

居住地域によって買物環境の格差が大きい。自宅から30分以内に百貨店がある「東京重層生活圏」や30分以内に商店街がある「都心駅前生活圏」は、買物環境が充実している。こうした環境が欲望を刺激し、幅広いチャネルを利用し、支出金額も多い。買物環境の違いを考慮したアプローチが求められる。(2017年7月公開)
会員登録のご案内
消費社会白書
「戦略200+」比較分析ツールのご案内
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2017 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.